大阪府豊中市庄内 【1人美容室】【マンツーマン】【プライベートサロン】

  1. お役立ち情報
  2. 129 view

美容院で写真を見せてこれにして下さいだけでは危険

皆様、お久し振りです^^

お元気でしょうか?

私はツイッターにも書いていた通り、棚を作ってみたり・お店前のウッドデッキを撤去したり・お店の超大掃除・帳簿関係と普段出来ない事をしておりました。

まだPOPも作成したりとやらないといけないことは多いですが少し片付いてきたので気分転換にブログ書きます(笑)

 

今回は撮影と美容室で見せる写真のイメージについてです。

スポンサーリンク

なぜ美容師は撮影が好きなのか?

 

①集客するため

②自分のカタログ作りの為(名刺みたいなもの)

③スキルアップの為

 

等ございますが、もちろん一番は集客の為ですよね。

ホームページ・SNSなんかに載せてこんな髪型にしたい方を集めるためのもの。

実際、集客の効果はあるし間違いではないと思うけどなんか私には皆がやってるからやらなあかん雰囲気出てると思うんですよ(笑)

名刺代わりに使いたいとか意味のある目的ではなく皆がやってるからやらな集客出来ないって思っていませんか?

撮影やってもやる人多すぎて自分がよっぽどカリスマ性ありまくるとか男の大好きなお店のパネマジみたいに原型が分からんくらいフォトショップ修正しないと見つけてもらえなくないですか??

見つかったとしてもほぼその苦労して休み返上で撮影した写真はお客様が美容師に見せる参考写真に使われてそのヘアスタイルにしたいって自分の店に来る人少なくないですか?

本当に美容師の仕事が好きで好きでたまらなくて撮影とか普段出来ないような奇抜なヘアスタイルを作れて幸せ♪って方どれくらいいるのだろうか・・・。

てか美容師ってインスタ流行りだしたらインスタやったりと流行りに敏感ですよね^^

 

私個人の結論、美容師は撮影が好きではない方も多くほぼ会社に強制されている方も多い。

流行りにも敏感で前に賑わっていたミクシィ・フェイスブックを見るとインスタも同じ運命をたどるんかな。

 

 

撮影についての私の考え

 

このブログ見ていただいていたら分かると思うんですけど私、めんどくさいことが嫌いなんです。

特に撮影とか嫌(苦手)なんですよ。

まぁめんどくさいってだけではないですが一番は嘘を付くのが嫌なんですが。

ネットで検索したらくそほど沢山出てくる2次元のヘアスタイル写真。

あんなカッコいい・可愛い写真は普通の方は無理ですから(苦笑)

 

美容師⇒モデル事務所にお金払ってカットもしないでちょっとコテで巻いたりして自分の作品やで!どやっ!

※もちろんまだまだ違う方法(お客様・SNS・ハンティング)でモデルを募集も多いです。

モデルさん⇒その数時間後、他の美容室のモデルに・・・。

モデルさんはお金次第なのでお金を払えば他の美容師さんも同じモデル使っていてる場合があります。

お金をかけて顔(重要)・髪質・頭の形のいい人を探す。

プロのカメラマンに撮影してもらい見えないところはどうでもよく、外に出たら一瞬で崩れたり逆にTMのホットリミット並みに風を当ててなびかしているであろうその中の何百ショット内の無理のある奇跡の一枚。

で、成功した人だけ載せる。

 

ちなみにこの間、お客様が持ってきた油断してOKしたであろうヘアスタイル。

 

 

雰囲気カッコいいですね^^

頑張って撮影されている美容師さん、雰囲気は参考にさせていただいております。ありがとうございます。

ただね・・・

 

 

これって9:1のスタイル!?

これは正解で狙っているヘアスタイルでわざと残しているのでしょうか?

それか映らない(撮らない)方向は無断してませんか?

お客様がおっしゃるにはこの写真しかなく反対の角度・後ろの写真はないそうです。

これが正解だったとしてこの通りに切ってもお客様はこの中途半端な部分はどうスタイリングしていいか悩むと思います。

 

私はこういうのがちょっとと思うのでこのブログのヘアスタイルは45℃とか上からはなるべく撮らないで基本は正面(顔は嫌だと思うので眉から上)・真横・真後ろを撮っています。

もちろんダサい角度もありますがなるべく現実を見ていただく為にあえてそうしたりスタイリング剤付けないとダサくてもお客様は付ける方ばかりではないので付けない方も載せるようにしております。

後、照明も無いし暗くて動きが分かりにくかったりします。

例えは悪く思えますが、モデルでもない普通の方のリアルな日常の仕上がりってゆ~んですかね(笑)

 

私は撮影が嫌いって事もあるけど

  • 逆に悪い髪質も載せたい
  • 奇跡の一枚は興味がない
  • ありがたい事にカッコいい見本のようなヘアスタイルは沢山の美容師さんが休み返上で作っているので私が頑張る必要がない

 

 

美容師は写真を持って来る事にどう思っているのか?

 

話は変わって美容室に切り抜きとかスマホの画像(今はこっちの方が多いです)持っていきますか?

恥ずかしいって思っていませんか?

不細工だけどで本田翼みたいなヘアスタイルにしたい。

セットしないけどワンオクのタカみたいにしたい。

等あると思いますが恥ずかしがらないで写真等を持って来て下さい。

無理でも思い(理想)を伝えるのはタダですから(笑)

叶姉妹に好かれそうなこんな感じのグッドルッキングガイにして下さいって明らかに狙って言われたら吹き出すかもしれませんが普通の美容師ならある程度、真剣に相談にのってくれると思いますよ。

その写真を見てこのくらい切ってもいいのか。

セットをしないで同じイメージにするとこうなるよとかね。

私のたまにオススメしてるトランクスなんかは男性なら見せなくてもお互いイメージ湧きやすいですよね(笑)

美容師は写真(なりたいイメージ)を見せていただけるのはありがたい。

むしろある程度、何個か写真で決めて来て欲しいです。

 

 

失敗しないためにはどうオーダーすればいいのか?

 

『伸ばしてるけど完成は未定なので今日はとりあえず梳くくらいで!』

とりあえず!?って怖い言葉ですよ(笑)

たまにありますがこれもある程度、完成のイメージがあった方が絶対に良し!

お客様にはうるさいくらい言う時もありますが伸ばすにしてもイメージ次第ではもう伸ばさなくていい所もある場合もあると思います。

【いらない所を一緒に伸ばしてもしょうがない、うっとうしいだけ】

名言でました。メモしといて下さいよ。

 

新規様の場合

 

①まず写真等でイメージを決めてくる。

②自分の悩み・欠点・妥協点を知っておく

③それを美容師さんと相談する

 

ダメなパターンで鉄板は今まで気に入ったスタイルがなくて美容室を探しててとりあえずお任せで切って欲しい。

初めての美容室で完全ノープランのお任せは失敗する確率が高まる。

↓    ↓    ↓

 

デッサンを書く・書いてもらう

 

最近ではお客様とイメージを共有させやすいようにデッサンをされる美容師さんもいらっしゃるみたいですね。

もしくは写真がないから自分で書いてきました。って方(ある程度上手な方)

これね・・・はい。すごくいいと思います。

この写真よりも後ろはこんな感じにした方が似合うと思いますよ~スラスラスラ~って書いて美容師側の思いも伝えれますからね。

私もデッサンしたいけど手越君並みに絶望なので諦めました。

 

自分の出来る事を細かく伝えることも重要

 

  • ドライヤーをするのか?
  • スタイリング剤を付けるのか?
  • この髪型のどこがいいと思ったのか?
  • 前髪は眉出たら絶対に嫌だったりこだわりポイントはあるのか?
  • 妥協できる所はあるのか?
  • 帽子・ヘルメットをかぶるのか?
  • 今までに良かったヘアスタイルと苦手だったヘアスタイルは?

 

 

まとめ

 

  • 気に入ったヘアスタイルを撮影したお店に行って同じ長さにしても同じにはならない事がほとんど。
  • イメージは決めてから行った方が絶対にいい。
  • 美容師はトータルバランスを大切にしている。
  • お客様の持ってきたイメージを大切にするけど結果全く違うヘアスタイルを勧める事も多い。

例:希望のヘアスタイルには髪質的にほぼ無理で美容師の腕が100点でも頭の形・髪質が50点なら仕上がりは50点止まり。

お客様の頭の形・髪質でもっと再現出来そうなヘアスタイルで美容師の腕が100点で頭の形・髪質が80点なら仕上がり80点を目指した方がいい場合もある。

 

 

nikulはこんな方におすすめの美容室

・予約したのに待たされるのが嫌な方

・周りにたくさんのスタッフ・お客さんがいると落ち着かない方

・流れ作業で担当が変わり同じことを聞かれるのが嫌な方

・静かに過ごしたい方

・商品・メニューの過度な押し売りが苦手な方

・男性でも入りやすい美容室を探されている方

 

 

大阪府豊中市庄内東町1-1-10 清恒ビル1F

プライベートサロン nikul

 

初めてご来店のお客様はこちらをご覧下さい

お問い合わせ・ご質問・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ

定休日はこちらからご覧ください

 

TEL 06-6836-9353

※施術中は電話に出れないので時間を空けてかけなおしていただくかLINEでお問い合わせ下さい

友だち追加

 

ブログ更新のお知らせ用にツイッターを始めました。

フォロワーが少なくやる気が出ません。

やる気を出すためにもフォローお願いします。

お役立ち情報の最近記事

  1. 【初心者のお悩み改善】波ウェーブをストレートアイロンで作るコツ

  2. 襟足の生え癖・くせ毛でもたつく方におすすめ【4つの悩みを改善】

  3. 白髪染めはリタッチカラーをオススメしている意味とは

  4. 美容室のブログ初心者の私が半年集客をした結果【アクセス数公開】

  5. 美容院で写真を見せてこれにして下さいだけでは危険

スポンサーリンク

関連記事