大阪府豊中市庄内 【1人美容室】【マンツーマン】【プライベートサロン】

  1. お役立ち情報
  2. 740 view

【薄毛でお悩みの男性必見】薄くなってきてスカスカな前髪をカバーする髪型

 

髪が多くて悩んでる人もいれば少なくて悩んでる人も多いです。

髪の多い方はマメにカット行かなあかんし、髪の少ない人はカツラかぶったりせなあかん。

くせ毛の方は縮毛矯正せなあかんし、真っ直ぐでボリュームなかったり動きが欲しい人はパーマ当てなあかん。

髪に対して悩みの少ない人の方が少なく、皆さん色んな悩みありますよね。

今回はそんな中でも特に前髪のこめかみ辺りの毛量が少なくてM字で悩んでいる方に向けて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

薄毛は相談し辛いけど悩んでいる人は多い

まず、薄毛を打ち明けるのに勇気がいります。

私はまだいけるw?と思っていますが、もし薄くなってきたら相談したいけど

隣のお客さんに相談してるの分かりたくないなぁ。

若い女性のスタイリストさんには相談したくないなぁ。

と思います。

ただ、美容師の心理としては相談してくれないと

『無難にいつもみたいに切っとくか。』

となりお客様は『カットしたらやっぱり毎回ちょっと薄いの気になるし、又しっくりこんかったな。まぁ薄毛やししゃーないか』って思いません!?

 

大丈夫です!なんとかなるんです!!

 

カウンセリングシートに書いてある方は話し易いですがない方は『ちょっと薄毛の事について触れていいかな?』と思ってしまいますが・・・

まぁ当店は30代の男一人で営業している美容室なので多少は言いやすいと思うので私の判断で軽くジャブを打ち、こっちからやんわり聞く事も多いですがw

(皆様のお悩みが一つ多少でも解決出来ればと考えておりますのでデリケートな方はごめんなさい。)

そしたらやっぱり薄毛が気になる方の多いこと!

カットでも多少はカバー出来るので参考にして下さいね^^

 

before と after

 

縮毛矯正とカット前

 

 

こちらの方はくせ毛と横のボリュームが気になるのでピンピンしない縮毛矯正を2回に1回しております。

伸びてくると上にボリュームなく横の毛がくせ毛と毛量で広がりアンバランスです。

横はシュっと上はフンワリが理想です。

 

縮毛矯正後した後カット

 

 

縮毛矯正で大分ボリュームも抑えれましたね^^

因みに後ろは強い薬剤、前は弱い薬剤を塗り分けています。

 

で問題の前髪

 

 

こんな感じになってます。

はい。マニュアル通りの普通に切るとこんな感じになります。

カットの仕方で

 

        ↓  ↓

 

このくらいなら可能です。

いかがでしょうか?割とまとまりましたね!

 

カット&スタイリングのポイント

・トップの方は全く繋げないで全部前に持ってくるようにカット。

・繋げてないので目で見ながらいらない所をポイントでカットして行く。

(今回はハチ周りはがっつり切ってます。)

・トップはほぼ触ってなく重いのでドライヤーでボリューム出す。

 

 

 

まとめ

お客様にも説明してカットするのですがこんなカット方法もあったんですね。と良く言われます。

20くらいのお客様でもこういったカットする場合もございますので若いからって恥ずかしがらずご相談下さいね。

 

 

nikulはこんな方におすすめの美容室

・予約したのに待たされるのが嫌な方

・周りにたくさんのスタッフ・お客さんがいると落ち着かない方

・流れ作業で担当が変わり同じことを聞かれるのが嫌な方

・静かに過ごしたい方

・商品・メニューの過度な押し売りが苦手な方

・男性でも入りやすい美容室を探されている方

 

 

大阪府豊中市庄内東町1-1-10 清恒ビル1F

プライベートサロン nikul

 

初めてご来店のお客様はこちらをご覧下さい

お問い合わせ・ご質問・ご予約はこちらからお気軽にどうぞ

定休日はこちらからご覧ください

 

TEL 06-6836-9353

※施術中は電話に出れないので時間を空けてかけなおしていただくかLINEでお問い合わせ下さい

友だち追加

 

【COTA取扱店】

 

【N.取扱店】

 

【ハナヘナ取扱店】

お役立ち情報の最近記事

  1. 【初心者のお悩み改善】波ウェーブをストレートアイロンで作るコツ

  2. 襟足の生え癖・くせ毛でもたつく方におすすめ【4つの悩みを改善】

  3. 白髪染めはリタッチカラーをオススメしている意味とは

  4. 美容室のブログ初心者の私が半年集客をした結果【アクセス数公開】

  5. 美容院で写真を見せてこれにして下さいだけでは危険

スポンサーリンク

関連記事